自毛植毛クリニックの評判や口コミを東京・名古屋・大阪エリアを中心に掲載しています。

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

自毛植毛2000株でどのレベルの薄毛をカバーできるか

植毛を考えた際に気になるのは「自分の薄毛の場合、何本程度の植毛が必要なのか?」ということではないでしょうか。
範囲や密度といった薄毛の状態は人によって異なるため、実際に病院に行って医師の診察を受けてみない限り、移植本数は明確には分かりません。そして「植毛本数が分からない」ということは「自毛植毛手術にかかる料金も分からない」ため、手術前に漠然と不安になってしまう人も多いです。
自毛植毛手術は一人ひとりの状態によって異なるものではありますが、手術前にある程度イメージできたほうがよいと思いますので、ここでは2000株(約4,000本)を植毛した場合の植毛範囲について記載します。

2,000株を移植するとどの程度カバーできるか

前述の通り薄毛の状態は人によって異なるため、「2000株の移植」と一口に言っても実際には髪の毛の状態や移植部位によって一人ひとり異なります、
薄毛の範囲が小さかったり自毛がまだ密度濃く生えている場合は、必要なドナー数は当然少なくて大丈夫ですが、薄毛の範囲が広かったり自毛の密度が薄くなっている場合は、沢山のドナー数が必要になります。

一般的に、額の薄毛をカバーするために必要なドナー数は、頭頂部よりも多くなる傾向があります。これには理由があり、頭頂部は通常人が正面から見ると患部がダイレクトに見えない上に、移植した毛髪が成長する過程で横に広がるため視覚的な地肌の露出が少なくみえるためです。それに対して額の薄毛は、直接真正面から人の目に見られる上に、地肌の露出がカバーされにくい構造のため、密度を濃く植毛する必要があります。

実際に額へ2,000株を移植する場合、満足できるレベルで植毛するのであれば、額のヘアラインが2cmほど後退した「初期段階」から、もう少し薄毛が進んだ「中等度」までの薄毛をカバーできると考えられます。頭頂部の場合は、中等度~それよりも若干進行したレベルでも2000株で対応することができます。なお中等度とは、額と頭頂部をつなぐブリッジと呼ばれる部位の既存毛はまだしっかりと残っているような段階です。

とはいえ何度も伝えている通り、満足できるレベル(期待値)は人によって異なります。そのため「年相応で良い」などという場合はもう少し進んだ薄毛でも満足できるかもしれません。

部位によってシミュレーションをすることは可能ですが、実際に必要な株数を割り出すことは一人ではほぼできません。具体的な株数や金額を確認したい際には、一度専門医の無料カウンセリングを受けてどのくらいの量で満足できそうか相談してみることをお勧めします。

2,000株を移植する際の費用について

2,000株の自毛植毛手術の費用は、FUE・FUT法などの術式や使用する機材によって異なるため一概に表示することはできませんが、ドナーの採取にメスを使う従来のFUT方式の場合は一般的に80万円~100万円、ドナーをパンチで個別に採取するFUE方式の場合は120万円~150万円くらいが目安です。
なお実際に薄毛対策をする際には、既存毛の退縮を防ぐために自毛植毛術とあわせて投薬治療と併用することもあります。この場合は植毛手術費用の他にフィナステリドなどの治療薬の料金も必要になります。

より失敗なく2,000株移植をするなら経験豊富な医師を選ぶことが大事

2,000株移植についておよその目安を考えてきましたが、実際の植毛手術を行う際には執刀する医師の力量が大切なポイントになります。
なぜなら、移植手術の際には株の植え付けなど緻密な技術が必要なため、おろそかな植え付けでは毛根がしっかり定着率せずに移植したドナーが頭皮に生着せず無駄になるからです。
また医師の技術力だけでなく経験値も重要です。一回に移植する株数が増えると定着率が落ちてしまうことも多く、大量の移植をする場合は場合によっては数回に分けて手術をすることもあります。こういった判断はやはり医師の経験値に左右されます、

また最近ではメガセッションによる大量移植を可能にしている植毛クリニックもあります。メガセッションは、熟練の医師・スタッフなどとの連携が必要なため、移植チームとしての経験が問われます。この場合も技術力と経験値がとても大事なポイントになるでしょう、

いずれにせよ、2,000株の植毛手術でできるだけしっかり定着させたいと考えるなら、経験豊富で実績が多いクリニックで手術を受けることがポイントです。