自毛植毛クリニックの評判や口コミを東京・名古屋・大阪エリアを中心に掲載しています。

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

植毛3,000株でカバーできる範囲とは

3000株の自毛植毛手術は、かなり本数が多い部類になります。個人差はありますが一株からは2本程度の毛髪が採取できるので、実際の本数としては3,000株=約6,000本といえます。この程度の自毛植毛手術を行った場合、実際にどの程度の薄毛をカバーすることができるのか考えてみました。

額か頭頂部か?移植部位によってカバー範囲は異なる

額へ移植する場合、額は真正面から見た際にも目が行きやすい場所のため、植毛をするとなるとかなりの高密度で仕上げないとビジュアル的に違和感が出ることもあります。
3000株であれば中等度から重度の薄毛までカバーでき、イメージとしては額が頭頂部付近まで後退した状態でもかなり自然な形で植毛を行うことができます。額部分の薄毛の手術であれば、3,000株ならかなり満足度の高いものになります。

頭頂部についても、3,000株であれば重度の薄毛でもかなり広範囲に対応することができます。2000株移植の記事でもお伝えしている通り、頭頂部は額ほど薄毛の状態が目立たない部分なので、額ほど高密度で移植しなくても満足度が高いケースが多いです。ですので、頭頂部と前頭部(額)の薄毛が進んでいる複合タイプでも、相応にボリューム感を出す頃ができるでしょう。

もちろん実際に必要な本数は一人ひとりの薄毛の状態や範囲によって異なります。そのため自分にとって必要な本数を確実に把握したい場合は、やはりクリニックに行き実際に医師に診察してもらうほかありません。自毛植毛クリニックではほとんどの場合、初回無料のカウンセリングを行っています。医師やクリニックとの相性があうかどうかも大切な要素ですので、そういう意味でも一度カウンセリングに行ってみるのがよいでしょう。

3,000株の自毛植毛手術の費用について

3,000株(約6,000本)の植毛は全体的な薄毛を改善することができる本数のため、ある程度の金額になることは否めません。実際に手術を行う術式や使用機材によって費用は異なりますが、概算としてはFUT法で150~180万円、FUE法で180~200万円程度が目安となります。植毛手術とあわせて残っている毛髪の薄毛対策も行う場合には、別途AGA治療費用も掛かります。

3,000株の大量移植は医師の技術力もポイントに

3,000株の植毛手術は本数も多いため、手術時間にすると5時間以上にわたる長丁場になることがほとんどです。また本数が多いと定着率が下がってしまうことが多く、そういった背景を考えるとますます技術力があり経験数も多い医師に手術をしてもらう必要があります。2016年5月、ハイスピード手術に定評がある親和クリニックが3,000株の移植を4時間台で終えることに成功したそうです。別に同クリニックに限った事ではないですが、できるだけ多くの移植毛を定着させるためには新鮮なうちに株分け・移植をする必要があることを考えると、より短時間にスピード移植をすることができる医療チームに植毛手術を託すほうが、実際に成功率は高くなるでしょう。
ネット上の情報やチラシ、パンフレットだけでは全てを把握することは難しいものです。実際に気になる植毛クリニックがあればカウンセリングに行き、スピード感や成功例を確認することをお薦めします。