加齢による薄毛はコラーゲンの現象が原因!?

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

加齢による薄毛はコラーゲンの現象が原因!?

医学が日々進歩し私たちはその恩恵を受けていますが、これは基礎医学研究によって研究者たちが地道な努力を積み重ねてくれているおかげです。

その研究で最近、薄毛の原因にコラーゲンの減少が関与しているという発表がなされたのですがご存知でしょうか。

東京医科歯科大の研究グループは髪の毛を生みだす毛包という器官の発生に着目し、毛包に成長する前段階の幹細胞が年齢を経るにしたがってうまく毛包に変化できなくなるという現象を研究していました。

なぜ幹細胞が毛包器官に成長できなくなるかというと、そこにコラーゲンが絡んでいたからなのです。

17型コラーゲン減少が薄毛を誘因

コラーゲンには多くの種類があるのですが、この研究では17型コラーゲンが減少すると毛包も少なくなり、それゆえ薄毛になるという結論が導き出されました。

確かに若い年代に比べて高年齢層はこのコラーゲンが減っていることも確認されています。

ではなぜ17型コラーゲンが減少するのかというと、髪の毛の成長時に必須の細胞分裂時に傷ついてしまうDNAの補修に必要な体内の酵素が分解してしまうからです。

若いうちは酵素の頼らずともDNAの修復ができますが、加齢の影響でその修復力が弱まると酵素の力を借りなければならなくなります。

しかしその酵素はコラーゲンを分解してしまうため、髪の毛の基になる毛包器官を育成力が低下し、結果薄毛につながるというわけです。

ではコラーゲンを体内に補充してやればよいかというとそう簡単ではないのです。

しかし、経口摂取したコラーゲンはそのまま利用されない

足りなければ補充するというごく単純な方法で解決できるのならば苦労しませんが、ヒトの体に取り入れられる栄養素は体内の代謝という過程を経て利用されるので構造が単純ではありません。

コラーゲンを経口摂取すると体内では一旦アミノ酸に分解され、体の中で必要な各臓器や皮膚、血管、骨などに再合成されます。

この意味では頭皮の皮膚細胞や頭皮の毛細血管などの構成材料になるわけですから、もしコラーゲン不足で頭皮の皮膚の状態が悪いのであれば一定の効果は期待できるかもしれません。

ただそのようなレベルにまでコラーゲンが不足することは通常なく、一般の方がサプリ等でコラーゲンを摂取しても目に見えた育毛効果や発毛効果を実感することは難しいでしょう。

コラーゲンは美肌効果などの方面でも人気が高いですが、サプリ等で摂取しても吸収の問題であまり効果が期待できないよ、と言われるのを聞いたことがある人も多いと思います。

育毛的にもそれは同じで、コラーゲンの経口摂取による育毛効果は今のところ期待するのは難しいということになっています。

加齢によって毛根がフケや垢として排出されてしまう

年齢が進みコラーゲンの減少によって毛包器官の退縮も進んでくると、毛根は次第に頭皮の表層に押し出されてきます。

最終的には毛根の細胞はフケや垢として体外に排出されることになります。

…どうにも悲しい現象ですが、こうして毛穴は閉じてしまうわけです。

一旦死んでしまった毛根は二度と復活しませんから、どんな薬剤を使っても発毛はできません。

弱っている状態であれば投薬治療によって維持する方法もありますが、死んだ毛根を復活させるには、自分の毛根を移植する自毛植毛しか道はありません。

移植する毛根は主に後頭部から調達してきますが、多くの高齢者でも後頭部付近には髪の毛が残っている場合が多いのは皆さんもご存知でしょう。

生き残る力が強い後頭部の毛根を薄毛箇所に移植することで、将来に渡って自分の髪の毛を生え変わらせることで、ほぼ永続的に豊かな毛量を維持することも可能です。