自毛植毛クリニックの評判や口コミを東京・名古屋・大阪エリアを中心に掲載しています。

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

知っておきたい植毛後の一般的な経過

適切な医師・医療チームによる手術はもちろんですが、その後のご自身によるアフターケアも発毛率に影響を及ぼします。正しい知識を身につけ、手術後もドナー株がしっかり定着するように意識して生活することが大切です。

手術直後

手術直後はまだドナー株を採取した後頭部の傷が完全には治っていないため、場合によっては血や組織液が多少出ることもあります。ですので、包帯などを巻いて帰宅するケースが多いです。
気になる場合にはニット帽などを被ると良いでしょう。ヘアピースやヘアシートを使用するのも良いです。頭を圧迫するような体制はせずにできるだけ安静にしてください。なお当日の入浴や洗髪はNGです。

手術翌日

洗髪は手術の翌日から可能です。傷口の感染などを防ぐ為にも毎日洗髪はするようにしましょう。
といっても強く洗うと移植した毛髪が抜けてしまう可能性があるため、ぬるめのお湯で優しく濡らしながら洗ってください。シャワーを使用する際には弱めで、またシャンプーはつけなくてもOKです。
風呂上がりに乾かす際にも、タオルドライは軽く置きながら水気を取る程度にしてください。ドライヤーはできるだけ避ける方が無難です。その後、植毛株は4~5日で頭皮に定着しますので、それからシャンプーを使って洗髪するのがベストです。

※クリニックによっては翌日の洗髪を代行してくれるサービスもあります。
術後に洗髪方法や注意事項を一通り教えてもらえるとはいえ、最初は独学で洗髪をするよりプロに身を任せる方が安全です。またメンタル的にもクリニックで洗髪をするほうがとても安心できるので、翌日洗髪を行っているクリニックはお勧めです。

手術から数週間後~数ヶ月後

術後は赤い斑点だった傷跡は次第に目立たなくなり、1週間ほどで傷がカサブタになります。カサブタは洗髪の際に優しく洗い流してください。ただし無理にはがす行為はNGですので、自然とはがれるまで待ちます。

自毛植毛した毛は、最初の数週間は5~6mm程度伸びますが、1ヶ月程たつとほぼすべてが抜けてしまいます。そしてその後、2~3ヶ月後に産毛として新しい毛が生え始めます。
この産毛が、移植して定着した毛根から生まれた「新しい毛髪」になります。

なお術後2週~4日ヶ月ほどの間に、植毛した部分にもともとあった髪が、一時的に抜ける現象が起こることがあります。これはショックロスといい、植毛手術の影響で一時的に抜け落ちることを指します。これは通常みられる現象で、その後新しい毛髪が再び生えてきます。

※喫煙は頭皮の血流を悪くするため術前・術後とも3週間は控えるようにしてください。喫煙は血管を収縮させるため頭皮の血行が悪くなり、植毛したドナー株の定着を悪くします。
同様にアルコールは術前・術後1週間ほどは避けます。また激しい運動は術後1週間弱できるだけ避けます。普段の生活習慣を見直し、極力移植したドナーに負担をかけないようにすることが定着率をキープする秘訣です。

手術から半年後

植毛した部分の髪の毛は産毛から次第に黒々とした髪の毛にかわりつつあるのもこの時期からです。

手術から1年後

手術から1年もすると、すっかり定着した毛根から毛が生えそろい、散髪にいかなくてはならない程に成長します。

ただ、散髪する際に気をつけたいのは、ドナー株を採取した部分(後頭部もしくは側頭部)はあまり毛を短く切ってしまうと、採取した部分の毛髪の薄さが目立ってしまうという点です。スキンヘッドや坊主頭は避けていただくほうが無難です。

手術後も、ヘアスタイルやショックロス、抜け毛についてなど色々とクリニックに相談したいことが出てくる可能性があります。手術後も無料カウンセリングを気軽に行ってくれるクリニックもありますし、お客様相談室を設置しクリニックや手術への感想や要望を伝えることができるクリニックもあります。
利用の有無は、実際に手術をしてみないと分かりませんが、「手術をしたら、はい終わり!」ではなく、その後もアフターケアをきちんとするという姿勢を持ったクリニックを選ぶほうが安心・安全です。