自毛植毛クリニックの評判や口コミを東京・名古屋・大阪エリアを中心に掲載しています。

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

自毛植毛手術後のシャンプーやヘアケア品の選び方

自毛植毛手術後の頭皮は、非常に繊細です。
少しの摩擦や刺激などで、植毛した毛根が抜け落ちてしまう可能性があるため術後のシャンプーやヘアケア品選びは非常に気を使いたいところです。

基本的に、術後の翌日から洗髪は可能になりますが、毛根が定着するまでの1週間程度はシャンプー剤を使わず、ぬるめのお湯で湿らせてながら洗い流す程度にしましょう。

術後1週間以内のシャンプーにおける注意事項

前述の通り、シャンプーといってもお湯で洗い流す程度にしましょう。
お湯の温度もあまり熱いと頭皮に刺激を与えてしまいますので、お湯の温度はぬるめに設定してください。

また、水圧もできれば弱めにすると良いでしょう。

シャンプーの仕方は、毛根を移植した部分に直接水圧があたらないよう、頭を下に下げて移植した部分以外にそっとシャワーヘッドを当てるようにし、流れてくるお湯で移植した部分をこすらないように指の腹などでやさしく撫でるように洗います。

どうしても頭皮の脂分やにおいが気になる場合には、刺激の少ないシャンプーをお湯に溶かしたものを移植した部分以外の場所につけ、上記の要領で洗い流してください。

トニック剤などは刺激が強いので、術後のシャンプー時には避けるようにしてください。

髪の毛を乾かす時にも細心の注意を払って

まだ定着していない毛根は、少しの刺激でも抜け落ちてしまう可能性があります。

髪の毛を洗ったあとのタオルドライの際にも、毛根を移植した部分は絶対に擦らないようにしてください。

タオルを押し当てるようにして、タオルドライをした後できれば自然乾燥が望ましいですが、時間がなくドライヤーを使って髪の毛を乾かす際には、毛根を移植した部分に直接ドライヤーの熱が当たらないように注意し、後頭部の方から風を流すようなイメージで乾かしてください。

術後1週間を過ぎた後のシャンプー

毛根はおよそ1週間で定着します。この時期になると傷跡もカサブタになってきます。

術後1週間を過ぎたら通常のシャンプーを使っても問題ないでしょう。
お湯の温度も、あまり気にする必要はありません。この時期になったら普段と同じような
姿勢で移植部、採取部を含めて全体を洗っていただいて構いません。

また洗ったあとはシャンプーを綺麗に洗い流し、タオルドライをし、ドライヤーを使って乾かしていただいて構いません。ムースや整髪料も大丈夫です。
とはいえ、むりに引っ張ったり乱暴な扱いはできるだけ避けて丁寧に扱うように気を付けてください。

また、FUEの場合、点々としたカサブタができますが、洗髪の際にこの部分を指の腹でこするとカサブタが剥がれてくることがあります。これは自然に傷が治癒している証拠なので問題はありません。

ただしあまりごしごしと洗って無理にカサブタを落とすのはオススメできません。あくまでも通常のシャンプーでカサブタが剥がれ落ちるのを待ちましょう。

術後のシャンプーが心配な方

少しでも定着率を挙げるためには、術後のシャンプーの仕方はとても重要です。
できるだけ定着率をあげたい場合には、手術後にクリニックで洗髪のサービスをしてくれるところもありますので、そういったクリニックで手術を行うと良いでしょう。

クリニックの中には、洗髪台を完備しており美容師や経験のある専任スタッフが手術翌日に洗髪サービスを行ってくれます。こうしたアフターサービスの充実したクリニックもあるので、事前に調べておくのとよいでしょう。