薄くなりやすいつむじへの植毛について

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

薄くなりやすいつむじへの植毛について

エレベーターで上を見ている時や下りのエスカレーターに乗っている時は、特につむじの薄毛が気になるものです。

この部分は元々地肌が見えやすい部位ですが、さらにAGAなどによって薄毛が進行すると、他の部分よりもより目立つようになってきます。
今回はつむじ付近が薄毛になってきた際の植毛手術について考えてみます。

つむじの薄毛は発見が遅れがち!

つむじの薄毛は、元々地肌が見えやすい部位である上に、場所的に合わせ鏡をしないと頭頂部は確認できないため、つむじ付近の薄毛の進行に気づくのが他の部位よりも遅れることが多い個所です。

自分では気づかなくて、人に言われてやっと気づくこともしばしばで、指摘されるほどの薄毛の場合、かなり進行が進んだ状態になっていることもあります。

また前頭葉であればヘアスタイルで多少目立たないようにカモフラージュすることもできますが、つむじの場合は頭のてっぺん付近にあるため、なかなか毛量やヘアスタイルで隠すことができません。

髪をセットするときにドライヤーで毛を逆立ててボリュームを出し、ハードスプレーなどで固めるものの、風が吹いても髪型がかっちりとしており、もっと自然なヘアスタイルに憧れるといった声も聞きます。

生来ネコ毛で髪の毛が細い方の場合は尚更ボリュームが無いので薄毛に見えてしまうのがなかなか辛いところです。

つむじへの植毛は可能か

つむじへの植毛治療は、早期に気づいて早期行うほどに、有効度が高まります。

というのも、上述したようにつむじを含む頭頂部は髪の毛のボリュームを演出しにくい箇所になるので、進行してしまった場合は多量の移植が必要になることもあります。

進行してしまう前の段階であれば少ない移植数でも対処が可能ですから、医療機関への早めの相談がよいでしょう。

なお、もし薄毛が進行してしまった場合でも、最近はメガセッションという一度に大量の移植を可能にする技術を導入している植毛クリニックもあります。

高度技術による移植は技術を持ったドクターと連携するスタッフ、そして機材が必要になるのでどこのクリニックでも受けられるわけではありませんが、一度の移植で終了するということで負担を大きく減らしてくれます。

つむじへの植毛費用はどれくらいか

植毛にかかる費用は、クリニックが採用する術式や機器、スタッフ数などによってことなるため希望のクリニックで確認することをお薦めしますが、例えばつむじの地肌が多少気になってカバーする程度であれば、それほどの移植数は必要ないので30万円程度で済むこともあります。

これにAGAの影響が絡んで頭頂部の薄毛として広がりつつある場合は、40万円ほどの費用になることが見込まれます。

さらにそれよりも進行した中等度になると70万円、より進んだステージになれば100万円以上になることもあります。

なお、植毛手術は保険が効かない自由診療のため、クリニック側でも様々なメリットを用意しています。キャンペーンなどで一時的に費用を安くしていたり、通院費などの名目でキャッシュバックが用意されていたりと、お財布に嬉しい特典を用意していることもあります。

ただし植毛は医療行為ですので、キャンペーンや価格だけで選ばず、医師の経験や熟練度などもしっかりと確認することをお薦めします。