自毛植毛クリニックの評判や口コミを東京・名古屋・大阪エリアを中心に掲載しています。

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

薄毛タイプ別の植毛手術の概算費用

自毛植毛手術をしようと考えた時に、やはり気になるのは手術に掛かる費用です。自毛植毛の場合、手術費用は植毛をしたい部分の範囲(面積)によって異なります。M字に後退した額のみであれば比較的コストは抑えられますし、頭頂部から額までの広範囲に渡って植毛を希望する場合は植毛本数もかなり多いため相応の価格になります。

なお実際には、メスを使うFUT法、使わないFUE法など、手術法によっても価格感が変わってきますので、具体的な金額はクリニックのHPやカウンセリングの際にきちんと確認することをお勧めします。

額の生え際が薄くなってきた場合(初期M字型)

額の生え際部分が、M字に少し後退し始めた場合ですと、自毛植毛手術にはおよそ以下の本数の植毛と費用がかかります。

・植毛本数・・・約1000本
 FUT(メスを使って後頭部を切る手法)の場合・・・約500株
 FUE(メスを使わずパンチで毛根を採取する方法)の場合・・・約385株

・費用・・・約650,000円程度

生え際がより後退してきた場合(進行M字型)

進行M字型は、初期のM字型がさらに頭頂部に近い部分までM字に薄毛が進行した状態です。薄毛の範囲が広い為、より多くの植毛が必要となります。

・植毛本数・・・約3000本
 FUT(メスを使って後頭部を切る手法)の場合・・・約1,500株
 FUE(メスを使わずパンチで毛根を採取する方法)の場合・・・約1,150株

・費用・・・約1,300,000円~1,600,000円

頭頂部(頭頂部の丸い薄毛)の場合(O型)

つむじ周りを中心に、頭頂部全体が丸く薄毛になったO型の薄毛の場合には、M字型よりもより多くの植毛が必要になってきます。

・植毛本数・・・約4000本
 FUT(メスを使って後頭部を切る手法)の場合・・・約2,000株
 FUE(メスを使わずパンチで毛根を採取する方法)の場合・・・約1,540株

・費用・・・約1,600,000円~1,900,000円

薄毛になりやすい部位はどこ?

薄毛には男性ホルモンが大きく関係しています。特に額のM字部分は影響を受けやすく、多くの場合、まずこの部分から薄毛が始まります。

薄毛になるのは男性ホルモンに含まれるテストステロンが原因です。このテストステロンという成分はオリンピックのドーピング検査で使用禁止とされている筋肉増強剤でもあり、
女性がテストステロンを注射すると筋肉がとても強くなります。
テストステロンは、
・皮脂の分泌を活発して脱毛を促進する
・髪の毛の主成分であるたんぱく質(ケラチン)の生成を阻害するし、髪が生えづらくなる
といった作用を持つホルモンのため、テストステロンが過剰な男性ほど薄毛になりやすいです。

なお自毛植毛の際には自分の後頭部から側頭部に沿った部分からドナー株を採取します。これは、後頭部はテストステロンの影響を受けづらく、半永久的に毛が生え続ける部位だからです。

クリニックによっては一度で手術が終わらないことも

自毛植毛手術は大変時間がかかる作業のため、広範囲への移植作業の場合、手術中に採取したドナー株の組織が死んでしまう可能性もあります。そのためクリニックによっては手術を数回に分けて手術を行う場合があります。
この場合、手術を二回以上行うため何度もクリニックに足を運ばなければなりません。また一度ドナー株を採取した後頭部は皮膚が固くなっていることが多く、局所麻酔をする際に前回より痛みを強く感じる場合もあります。ですので出来る限り、一度の手術で希望範囲に植毛することができるだけの技術力を持った自毛植毛クリニックで手術をすることをお勧めします。単純に費用面でお得なだけではなく、身体的な負担も軽減することができます。

自毛植毛手術は麻酔をするため痛くないとは言われていますが、できることなら手術は1回で終わらせたいものです。広範囲への移植を希望する際やクリニックの技術力によっては、一度で全部の植毛ができずに二回以上に分けて手術を行うことになる可能性もあります。逆に移植スピードが速く、きちんと技術力を持ったクリニックの場合、同じ部分への移植でもより短時間で手術を行うことができます。
まずは一度カウンセリングに実際に行ってみて、費用の確認はもちろんのこと、どの程度の時間がかかりそうかもきちんと事前に把握することが重要です。