自毛植毛手術はどのくらい時間がかかる?

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

自毛植毛手術はどのくらい時間がかかる?

自毛植毛手術を検討する際に気になるのは、手術中や術後の痛み、そして実際に手術に掛かる時間などではないでしょうか。 自毛植毛手術の場合、麻酔は局部麻酔を使用するケースが多いです。そのため医師や看護師の会話などを通して手術の様子がなんとなく分かると、精神的にも疲れてしまいそうなものです。 クリニックのホームページなどには、植毛手術の流れが記載してあっても、手術にかかる時間を明確に公開しているところはあまり見かけません。 そこで今回は、自毛植毛をする場合にどのくらいの時間を要するのかを調べてみました。

■クリニックによって大きく異なる手術時間

自毛植毛の手術時間がクリニックのサイトに記載されてないのは、移植範囲によって異なるからというだけではなく、どうやらクリニックによって大きく差があるからかもしれません。

自毛植毛手術は、手術の手法(FUT法・FUE法など)や植毛する範囲(本数)によっても大きく差が出てきます。

一般的な自毛植毛クリニックの目安としては、1,500株(およそ3,000~4,000本)の移植で最短で3時間、長くて6時間というところではないでしょうか。

内容としては、

——————
▼手術前:デザインや移植本数の最終確認
▼手術準備:着替えなど
▼局所麻酔
▼手術開始
——————

というイメージです。手術前の説明や準備で1時間弱が経過します。

さらに手術は以下のようなタイムスケジュールで進行していきます。
基本的に患者である私たちは麻酔で眠っている間に手術は進んでいくため、それほど明確な記憶はないと思いますが、眠っている間には以下のような作業が進められています。

1)事前にドナー採取部分をバリカンで刈り上げる(30分)

毛根はドクター自らが目視で1株づつ取り出していくため、髪が長い状態だと毛根の位置がわかりづらく、的確な毛根採取ができないためです。

2)ドナーとなる毛根の採取(1時間~2時間)

この作業と並行して行われるのが、採取を行うドクターとは別の医師や看護師による「株分け」と呼ばれる作業です。毛根は活きていますから、採取して時間が経ってしまうと死んでしまいます。そのためドクターによって採取された毛根は、すぐに「グラフト」という1本~3本単位の株にすぐに分けられて、次の作業である毛根の植え付けがスムーズに行われるように数名体勢で株分けが行われます。

3)移植(1時間~2時間)

株分けされた毛根を移植していきます。できるだけ細胞が生きている状態で移植を行うためにも迅速なスピードで作業を行うがとても重要です。

4)移植終了後、患部に包帯などをあてて固定

移植本数で手術時間が異なるのは当然ですが、ドナー採取や移植時のスピードも手術全体の時間に大きな影響を与えます。そしてこの手術スピードは「毛根の鮮度」に直結するため、その後の定着率にも関係してくるため、手術をスピーディ行うということは、「植毛手術成功への近道」ともいえるでしょう。

■手術といっても入院は不要

最大6時間もかかる手術というと、通常の外科手術などでもなかなか大きなオペになるところですが、植毛手術の場合、術後の入院が不要な点はうれしいところです。

手術後は、麻酔が覚めたら帰宅することができます。もちろん激しい運動やアルコール摂取などはNGですし、痛みが生じた際には痛み止めの服用が必要になりますが、歩いたり食事をしたりといった日常生活は普段通り送ることができます。

とはいえ術後は移植した部分やドナーを採取した部分から多少出血する可能性もあるため、患部に刺激を与えないようにできるだけ安静に過ごすことをお勧めします。特に術後2日間(48時間)は、移植した毛根が頭皮に定着するためにとても重要な期間となります。ですのでこの間は、できるだけ頭皮に刺激を与えないようにしてください。

植毛手術には、ドナー採取部の頭皮を切り取るFUT法と、皮膚を切り取らずに毛根をくり抜くFUE法がありますが、FUT法で行った際には約1週間後に移植元の皮膚部分の抜糸を行う必要があります。

できるだけ通院の機会は減らしたいという際には、毛根をくり抜くFUE法で手術を行うほうが良いかもしれません。

■6時間って長すぎないか?と思われた方へ

自毛植毛手術の間にリラックスできるようにDVDやテレビを見ることができるクリニックもあるようですが、それでも6時間という時間は正直、長いです…よね。。

そこで熟練したドクターはいないものかと探してみた所、手術時間が短い自毛植毛クリニックを見つけました。

親和クリニックの場合、「4,000株(およそ8,000本~10,000本)の自毛植毛を6時間」で行えます。

最初で挙げた手術例では1,500株程度の手術時間ですので、親和クリニックでは6時間で2倍以上の移植が可能だということになります。

通常、これだけの本数を一気に移植すると、移植に時間がかかりすぎて毛根が死んでしまう可能性があるため数回に分けて手術を行わなければいけないのですが、この親和クリニックでは独自の「MIRAI法」という手法を用いることによって、これだけの大量の植毛が1回の手術で可能になっています。

そして、この自毛植毛のスピードは世界でもトップクラスとのこと。
できるだけ短時間で手術を終えたい方はもちろん、一度で大量に植毛を行いたい方にもお薦めできるクリニックかも知れません。