女性の植毛について

薄毛の治療法として有効な自毛植毛ですが、どこで治療を行うべきか選び悩んでいる方も多いでしょう。当サイトでは自毛植毛情報とあわせて実績豊富実力派の自毛植毛クリニックの評判や口コミを掲載しています

男性の頭部写真

女性の植毛について

実は、薄毛や抜け毛で悩んでいる女性も多くいらっしゃいます。

アメリカでは、専門クリニックに来院する3割程度が女性だというデータもあります。
日本でも40代を過ぎた女性の約半数が薄毛を経験しており、近年では専門クリニックに来院する方も増えてきています。
女性の薄毛の原因、また、薄毛に悩む女性はどのような植毛が良いのでしょうか?

■女性の薄毛の原因は様々

男性の薄毛に関しては男性ホルモンの影響が大きく関係していますが、女性の場合、その原因は様々です。
加齢による老化や40代以上の女性に多く見られる更年期障害の影響、またストレスや日々の食生活等の生活習慣の影響、また元々の遺伝など様々な要因が関係しています。

このため抜け毛が増えた際に、「どの診療科目に行けばいいのか」悩んでしまう女性も多く、湿疹やかぶれがある場合は皮膚科でも応急処置としては対応可能ですが、「毛を増やす」「抜け毛を防ぐ」という根本部分の改善に関しては対応できません。
この場合は、頭髪専門のクリニックやAGA、植毛クリニックなど頭皮のプロに相談することになります。

なお、女性の脱毛・薄毛で多い症状に、びまん性脱毛症があります。

びまん性脱毛症は、男性のように明確に「薄毛」の部分ができるのではなく、「うっすら」と全体が薄くなってくることが多いです。頭頂部がだんだんと薄くなり次第にその範囲が広がっていき、「ルードウィッグ型」とも呼ばれます。

男性の薄毛・脱毛の場合は、前髪が大きく後退する「M字型」や、頭頂部が丸く禿げてしまう「O型」がよくあるケースで、1つの毛根から出ている髪の毛(1本~3本)が全て抜けてしまいます。対して女性の場合、1つも毛根の髪の毛全体が抜け落ちるというよりも全体的に薄くなる傾向が多いです。
また女性の場合、ヘアスタイルの影響もあり分け目の部分の薄毛が目立つ傾向にあります。

女性の薄毛治療に関しては、女性専用の薄毛治療薬であるパントガールを処方されることが多いです。副作用がなく安全性も高いと世界的に認められており、薄毛・脱毛抑制効果が医学的にも認められています。
その他、1%程度のミノキシジルを服用することもあります。女性の場合、濃度が濃いと体毛まで濃くなってしまうため注意が必要です。

また分け目など一部分の脱毛・薄毛が気になる際には、一度で希望通りの髪型にできる自毛植毛手術も人気です。女性の場合は特に、髪の長い方が多く後頭部の移植部分の傷が目立たないため、自然な形で理想のヘアスタイルにすることができます。

テレビなどの広告の影響もあるのでしょうが、女性の場合、薄毛になるとかつら(ウィッグ)を利用することが多いようです。ですがかつらは意外に費用が高い上に、その後のメンテナンス費用が半永久的にかかるなど、長い目で見ると自毛植毛の方が安くすむケースがほとんどです。

蒸れやかぶれ、かつらが外れてしまわないかなどといった不安やストレスを感じることなく自然な髪型を手に入れるのであれば、内服薬や自毛植毛手術がお勧めです。